スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月 『児童ポルノ排除対策 公開シンポジウム』に行ってきました。

平成24年11月21日 東京国際フォーラム
15:30~18:00
主催 : 内閣府


------------------
◎主催者挨拶 
 杆淵 智行氏
(内閣府大臣官房審議官)


◎基調講演 
 カイ・レイニウス氏
(スウェーデン外務省国際法・人権・条約局課長代理)
※スウェーデンの方だけど、最後まで日本語を使用しておられた。
 1995年 在日スウェーデン大使館において、ECPAT代表者会議を主催。
 1997年からは、7度にわたり、東京にて「子供の商業的性的搾取に反対する国際会議」セミナーを開催。


◎参加パネリスト
 原 幸太郎氏
(警察庁生活安全局少年課 児童ポルノ対策官) 本年8月より現職。

 遊間 千秋氏
(千葉県警察・上席相談専門員) 臨床心理学・臨床心理士

 曽我 邦彦氏
(日本PTA全国協議会・元会長) NPO法人・日本国際童謡館(代表)

 別所 直哉氏
(YAHOO コンプライアンス・オフィサー兼・政策企画本部長)
------------------

◆カイ・レイニウス氏の発言まとめ

 日本は『ポルノ発信国』として注目されていても、1999年まで児童ポルノの法律がなかった。
 今後は世界的に、国際法の整備が大切。国境をまたいだ警察の協力が必要だろう。
 児童ポルノは、法的措置を置くべきだということが、リオの会議から言われている。

 日本では児童ポルノ法が進まない原因として『表現の自由』が問題になっている。
 日本では、単純所持については、個人のプライバシーが問題視されているが、
 どこの国でも、子供の保護が優先されるべきだ。
 
 EUでは、個人の『児童ポルノ単純所持による罰則』は、86カ国のうち、77カ国が実施している。
 先進国では、日本だけが禁止していない。この点で、日本は大変目立っている。
 日本の周囲の国……台湾・インドネシア・タイ・バンコク・中国・韓国は、加盟した。
 日本の政府は、もっと支援してほしい。
 女性の人権についても、一段と強化すべきである。



◆原 幸太郎氏の発言まとめ

 今年の報告として、児童ポルノの犯罪は、昨年にくらべて56パーセント減少している。
 これについては、ブロッキングの効果が出ているのだと感じている。
 本年、9月3日と4日に、P2Pの検挙をして、70人中、16人を現在取り調べ中。
 しかし、今はまだ、国外のサーバーを使用している業者についての各国の協力が、うまくいっておらず、
 海外サイトの犯罪者は逮捕できていない現状。
 国外犯の検挙は、過去の犯罪も調べて、少しずつ前進してはいる。


◆遊間 千秋氏の発言まとめ

 思春期の子供は、自分が『性的な被害を受けた』と認めることで、それが自身の負担になってしまうから
 認めたがらないことが多い。
 子供が大人を『自分から誘う』ことも、大変多くなっている。
 例として挙げるが、保護施設の職員に「私に何をしてもいいのよ」と言って、誘う子供までいる。
 彼らは、そうすることで『自分を受け入れてもらえる』と勘違いしている。
 子供は、自分が汚れた、と認めると、自分を破壊する行為に出ることが多い。
 親や職員や周囲は「時間が解決するわ」という言い方で、傷ついた子供に接してはいけない。
 子供の内に秘めさせずに、どんどん吐き出してもらって、忘れさせてあげることが必要だ。


◆曽我 邦彦氏の発言まとめ

 親は、健全な精神の子供を、育てていかなくてはならないと思っている。親にも「抑制」が必要。
 可愛いからといって、赤ちゃん・幼児の全裸などをブログに載せると、それが後々、愛好家に所持されて
 インターネットで流出することが増えているので、親には、軽はずみな行為はしないで欲しい。
 今後は、子供の将来のために、そういった「単純所持」も問題として取り組まなければならない。

 親は、PTAに参加して欲しい。問題が起きてから、学校やPTAに最後に駆け掛け込んでくる。
 そういった親は、学校に子供の教育を、まかせっきりだからいけない。
 もっとPTAに、親が参加して、家庭の中で問題は解決していくべき。
 社会のルールは、家庭の中で教える努力をして欲しい。
 どれだけ生活が貧しくても、プライバシーを売らないで、幸せを目指していくことを子供に教えてくれと
 自分は、いつも訴えている。そういう姿勢を、親が子供に、模範として示して欲しい。
 
 子供と一緒に、親も、インターネットの便利さと同時に、怖さを覚えるべき。
 インターネットを使わないで、この先、生きていけない。インターネットを、かしこく使うことを
 学校教育で、子供達に身につけさせて欲しい。


◆別所 直哉氏の発言まとめ

 yahooでは、2008年から日本ユニセフの「なくそう、子供ポルノキャンペーン」に賛同。
 子供達には、インターネットを『解決のツール」にしてもらいたいと思っている。
 「日本ユニセフ」や「インターネットコンテンツセーフティ協会(←2011年にyahooが設立)」と
 連携して、青少年が、安心して利用できる環境作りを目指している。

 悪質な大人に、子供を搾取されないことが必要。そういう大人は、検挙されるように協力窓口もある。
 個人的には、赤ちゃんのおむつのCMで、裸がテレビに流れるのも遺憾に感じている。

 Yahoo ではコミックにおける対策として、
「有害図書」や「暴力的・性的なもの」は立ち読みを禁止している。
 ネットオークション対策としては、
「児童ポルノ作品」を出品禁止にして、重点的にパトロールしている。
 自分は、単純所持が何年たっても国会を通過しない日本は、おかしいと感じている。
 国会に問題定義が上がりながら、なぜなのか。律法が果たす役割は大きいと感じている。
 来月半ばには私達には 『意思行事をする機会』 があるので、一人一人の方がそこを考えていただきたい。


 「イクサ-ICSA-(インターネットコンテンツセーフティ協会)が、ブロッキング実施を行うことによって、
 別のものを禁止されるのではないかとか、表現の自由に関わるのではないかと懸念する方々がいらっしゃるが、
 これについても、誤解されないようにと考えております。

 もっとも重要なことは、子供には「実は大人には、悪い大人もいるのだ」と教えることだと思う。
「安心・安全」なものというのは、大変少ないので、それを大人自身が自覚しないと、子供に伝わらない。
 まずは、大人がその現実を自覚することが大切。


------------------------------------------
ここから下は、ブログ主の感想です。

ラストは自由討議…と司会は言いましたが、司会が質問を用意していて、パネリストに答えさせるだけで、
客席からの質問を募集することはありませんでした。
時間もオーバーしていたので、仕方なかったのですが、スウェーデンの最高裁判所では、
カイ・レイニウス氏の発言とは、まったく逆の『表現の自由について』の判決が出た事例がありました。
これについて、彼はどう思っているのでしょうね。質問したかったです。


児童ポルノ犯罪は、貧困による思考から、子供自身や、親が犯罪に走ってしまうことが大変多いので、
規則ばかり作るよりもっと考えることはあると思います。
日本は、諸外国に比べて、犯罪者が少ない、大変めずらしい国であり、
どんなに規則を厳しくしても、犯罪件数が下がらない国は、日本とはもともと違うのだということを
私達は、忘れてはいけないと思います。

昨日、韓国では悪法ができてしまい、韓国の作家が戦々恐々としているそうな。
私もRTと、お気に入りしたので、よかったら、記事を遡ってみてください。
https://mobile.twitter.com/LP_Tsu
これとか↓
>> 御村りょう @ryouh2so4
なんか昨日、韓国で新しい児ポル法が頒布されたんですって、性別問わず、
子供と子供の教育機関に関する性的表現を一切禁止、青少年を思わせる表現も禁止、
たとえば制服を着たプレイとか、逮捕されると懲役三年、
二万ドルの罰金+十年以内は子供に関する仕事は一切できなくなるんですって



以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

抗議先

スウェーデン大使館
http://www.swedenabroad.com/tokyoambjp(一番下)

警察庁
03-3581-0141(代表)
https://www.npa.go.jp/goiken/
(生活安全局少年課につないでください、と電話するのがいい。んで変わった人に「 児童ポルノ対策官」につないでください、という

YAHOO
http://ms.yahoo.co.jp/bin/ir-ms/feedback
http://ir.yahoo.co.jp/jp/company/profile.html

地元のおばさんを抱きたいですか?

q4WdO529
地元のおばさんを抱きたいですか?
レベルは低いけど確実に抱けますよ
こちらです
http://XcxkbaZs.bin-radish.info/XcxkbaZs/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ボーイ0

Author:ボーイ0
職業:小説家
http://twitter.com/LP_Tsu

QRコード
QR
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。