スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『都庁に指定図書閲覧しにいこうず・女子会』の感想

◇開催日 11/24 13:00~14:30頃まで
◇場所  新宿都庁 第一本庁舎の28F・会議室にて

◇参加者 十二名

◇閲覧前の身分証の確認 
な、なんと! 確認されませんでした!(学生さんもいたんだけどな。←18歳以上)



--------------------------------------------------------------------------
[11/26寄稿 参加した方が感想をくださったので掲載]
私が一番驚いたこと。
指定された資料は国立国会図書館に送っている、というお返事です。
ただし「じゃあ、国立国会に行けば指定図書が見れるんですね?」には否。
それらは国立国会図書館で閲覧できない資料として保存しているとか(どんな状態や)。

青少年課の天草氏が課名を名乗って閲覧したいと申込んでも、見れなかったとか。
詳しく説明して、例外的に見せてもらえたとか。
もし国立国会で閲覧可能な状態で保存されているなら、全国各地の図書館を通じて
貸出を受けられます(申し込みをした図書館「内」での閲覧の場合もあるけど)。
国立国会からのコピーの取り寄せが可能になります。
なぜ国立国会に保存されていて、閲覧できないのか疑問です。

ためしに何冊か所蔵検索をしたところ、ヒットするものとヒットしないものがありました。
(NDL-OPAC http://opac.ndl.go.jp/
国立国会は所蔵登録されるまで時間がかかることも多いので
登録待ちの可能性もあるけど、ある程度古いものでもヒットしない?
そのうち暇を見つけて、指定図書の所蔵の有無を検索で確認したいと思っています。


指定された資料について。
男性向けエロをほとんど読まないので、私の読込みは浅いと思いますが、
ざっと見た感覚で成人指定がついてるのと違いがわからない資料はあったかな、と。
ただそれは、小学生には読ませたくないかも知れないけれど、
興味を持った高校生が読んで何がいけないの、とは感じました。
BLに関しても、性器、結合部分の描写での指定なのか、という感想です。


一部の極少人数の読込みで「内容」を判断されるより
「性器・結合の描写」で指定される方が視覚に訴えているだけ
一般に受け入れられ易いのかな、と思われます。
「これだけ性器・結合部が描かれてるなら仕方ないよね」と。

でも性器・結合部の描写をだけを子ども達の目から隠して
何の意味があるの、と言いたい。
性器・結合部の描写は青少年に見せられないもの、という風潮に疑問を感じます。
『こんなに違う!世界の性教育』(橋本紀子監修/メディアファクトリー)では、
http://www.mediafactory.co.jp/c000051/archives/028/000/28004.html
性被害から子ども達を守るために、性器・性交を隠さず正確に、小学生の頃から
きちんと教えている国について紹介されています。

日本のセックス教育、セクシュアリティ教育の遅れを痛感します。


今回の指定図書に一冊だけ、犯罪の手口を解説した資料がありました。
「以前と比べて、このタイプの指定が減っているはなぜ?」の疑問に、
「指定対象の点数自体が少なくなっているのでは」との声が上がりました。

その回答に、私は青少年課の本音を見たようで、ぞっとしました。


不健全指定は、あくまで「青少年」の眼に資料を触れさせないようにすることです。
けれども犯罪マニュアル系は成年マークがついて売場が変更になったから減ったのでなく、
刊行自体が減ったのではないかと思われます。


売れなくなったから出なくなった。売れなくなった原因の一つが不健全指定だとしたら。
「犯罪の解説書なんだから仕方ないよね。そんなのがなくなってよかったんじゃない」
で一般に肯定的に受け入れられるのだとしたら。
「エロいの描いてるんだからしかたないよね。そんなのがなくなってよかったんじゃない」
という風潮を作り出そうとしているのか?と。

子ども達は『SEXはいけないこと』と教え込まれ、大人もそれを信じ込んでいませんか。

性行為には成熟したコミュニケーションが必要であること、家族計画が必要であること。
安易な性行為には、HIVのような性感染症の危険もあること。
これらに関して、無知な子ども達が、無防備なまま性行為に及ぶことは避けるべきことですが、
そのために行わなければならないのは、
正確な性描写が描かれていないかもしれない娯楽作品の取締りではなく、
性と、性行為に関する正確な知識を与えることだと思います。

◆ (閲覧参加者/匿名希望)

-------------------------------

[以下が、KAWAHARAの当日の感想です]
閲覧女子会、ラストまでお疲れ様でした!(*^▽^*) ≫ALL

「都庁に指定図書閲覧しにいこうず・女子会」は本日無事に終了しました。
閲覧後は都庁の喫茶室でお茶しつつ、話し合いも持てました。いろいろな意見があり、
皆さんと、直接お話しできてよかったです。
この会のことでRTを回してくださった皆様も、本当にありがとうございました。


私とシロさんは一時間早く行ったので、都議会議事堂の、2Fの図書館で見たいものがあったのだけど、
なぜか『青少年治安対策本部』の書棚のパンフだけ、ごっそり資料が抜けてて残念だったな…。


閲覧できたものは、2010年11月~2011年11月の指定分です。それより過去の本は、
処分していくそうなので見れなかった。
指定図書になった本には「消しが甘く、これは指定せざるを得ない」
「内容にギャグ要素が多く、指定というほどではない」など
一冊の本に対して10個ぐらい意見がある用紙もついていて、それを眺めつつ閲覧しました。


時間は一時間と少し。
第一本庁舎の28Fの会議室を用意してくださり、最初から最後まで
都庁の青少年治安対策本部の男性職員の方が三名ついて、私達の質問にも丁寧に答えてくれた。


直接、自分の疑問を、青少年治安対策本部の男性職員さんに、ぶつけられたことは、
今後の自分の活動にとっても、確認になってよかったと思う。
『ともかく、一通でも多く意見が欲しい。日頃から意見が来ると、
それについて吟味していく』
 という、姿勢だそうですよ。 ≫青少年治安対策本部


私自身は「18R・成人向け」ではなくて、いっそ『13R』ぐらいまで
(13歳から公共で大人料金となるから、ここを区切りにするのもいいかなと)下げてしまって、
『指定図書が特別なもの』とか『不健全なもの』という
世間の風潮を消してしまえばいいんじゃないかと思いました。


「キスまでの本」と「それ以上載ってる本」ぐらいまで基準下げてしまえば、
書店で「大人棚」が撤去されることは絶対なくなる。
これは青少年治安対策本部の意図とは違ってくるので、今言ってもどうしようもないけど。
18歳と10歳の見てはいけないものが、同じくくりなのは、やはりおかしいと思った。

スポンサーサイト
プロフィール

ボーイ0

Author:ボーイ0
職業:小説家
http://twitter.com/LP_Tsu

QRコード
QR
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。