スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『都条例反対声明』について

※反対声明、イベントを随時更新中。しばらくこの記事をトップにします。>12/10更新あり

【反対声明、疑問を、ふたたび出した団体】 ※団体名のリンクで声明文が読めます。
 ◆日本ペンクラブ 11月25日付 
 ◆東京弁護士会 11月25日付
 ◆出版倫理協議会 11月26日付(PDF)
 ◆社団法人 自由人権協会(人権協会) 11月26日付
 ◆出版流通対策協議会(流対協) 11月29日付
 ◆出版労連 12月1日付
 ◆日本シナリオ作家協会 12月2日付
 ◆日弁連 12月3日付
 ◆日本漫画家協会(先月末に反対声明出してますが、HP更新はまだされてません)11月末付
 ◆第二東京弁護士会 12月6日付 
 ◆フィール・ヤング編集部 12月9日付

【はっきりと疑問視、または反対している、新聞・雑誌】 拡散歓迎 ※団体名のリンクで声明文が読めます。
朝日新聞
朝日コラム
熊本日日新聞
新潟日報
愛媛新聞
月刊『創』編集部
週間「朝日」ファッショ石原慎太郎都知事が画策する 東京都議会マンガ規制条例可決?の愚 12月7日付
ネット新聞各紙に掲載【角川、2011年の都のアニメフェア出展撤回 性描写漫画規制に反発】12月8日付
岩波書店【月間雑誌・世界】マンガ表現の規制強化を問う──本物の民意はどこに? 河合幹雄 (桐蔭横浜大学) 12月8日発売号(推奨★)
週間金曜日【上智大学の田島教授が批判文掲載】──とんちんかんに拡大する表現規制 12月10日発売号
マガジン9 【エロだけの問題ではないらしい】
ASCLL ゼロから分かる【東京都 青少年健全育成条例 改正問題】(推奨★)
文化放送<都青少年育成条例> :山口一臣氏(週間朝日編集長) 「志布志事件の時の鹿児島県警本部長が名誉回復のためにこの条例を通したい」 11月30日放送済み





【芸能人も注目】
西川貴教さんの東京都青少年健全育成条例に対する見解 12月8日付(大変、聡明な意見)

【国際アニメフェア ボイコット宣言】
角川書店ほか、10社がボイコット表明 12月8日付

【テレビ報道・近々】
12月11日(土)朝5:00~6:00 フジテレビ「新週刊フジテレビ批評」
12月13日(月)22:54~ TBSテレビ『NEWS23』で特集 「漫画・アニメ規制の影響は」 
12月15日(水)8:00~ テレ朝系『スーパーモーニング』で特集 (8:50頃の予定、とツイッターにはある)

【有名作家 反対声明】 ※私が追いきれないブログもあるはず。お知らせ歓迎。
◆冲方丁(小説家)12月5日分 ※スクロールしたら、下にあります 
◆冲方丁(小説家)12月8日 試論を追加 著作:「天地明察」「マルドゥック・スクランブル」など

◆羽海野チカ(マンガ家) 著作:「3月のライオン」「ハチミツとクローバー」など
◆椎名高志(マンガ家) 著作:「絶対可憐チルドレン」など
◆高河ゆん(マンガ家)近著:劇場版機動戦士ガンダム00 高河ゆんワークスコンプリート,「LOVELESS」など
◆福武忍(童話作家) ※お子さんをお持ちのお母さん達、ぜひ読んで
◆沖 麻実也(マンガ家)著作:「デミアン症候群」「邪道」など
◆石田敦子(マンガ家,アニメーター)著作:「球場ラヴァーズ」「ラブんラブ」など

------------------------------------------
11月22日に、都条例・改正案が提出されたあと、数日で、かなりの団体が動きました!
ツイッターでも、活発に意見が動いています。
しかしあまりにも『12月議会』まで、時間がなくて、都議への陳情(意見をメールや手紙で届けること)が足りない。
話し合ったり、改正案をじっくり読み解く時間を、国民に持たせないつもりなのか。
毎日、このことだけ考えていられる議会や、都議と、私達は違う。仕事をこなしながら、
睡眠時間を削って、この条文を読み、陳情書を書き、ブログを更新し、
考えてもわからないと迷っている同胞を見つけては、説明をしていく…本当に時間が足りなくて悔しい。


私は条例が出たあと、個人的に『規制・賛成派の政党の都議達』とお会いして、
『こういう部分をなんとかして欲しい』と伝える機会を、偶然にもいただけたけれど、
どこまで受け止めてもらえたか不安です。
作家としての葛藤や、この窮状について訴えはしたけれど(´;ω;`) (´;ω;`)
未成年の学生が、本当は困っているフィルタリング(ネットを自由に見れなくなること)についても
はっきりと、お伝えはしたけれど…。


【反対集会が開催されます】 拡散歓迎

11月29日(月) 16:30~
【ニコ生】『私たち漫画家は、都青少年育成条例に断固反対します!』
記者会見 生中継 (番組ID:lv33227605) ちばてつや、松本零士らによる怒りの記者会見
★16:30から都庁にて行われる会見です。入場自由。

11月29日(月) 21:00~
【ニコ生】徹底検証「都青少年育成条例」
司会:津田大介  出演:東浩紀、永山薫、高沼英樹、西谷隆行など
★同日、16:30からの会見についての感想を話し合うらしい。

-------------------------------
11月30日(火) 15時〜17時
『青少年条例「改正」案に関する議員と都民の懇談会』
場所:都議会4階 第14委員会室
主催:「有害」コミック問題を考える会2010
★各党の都議達と直接、意見を交換できる場です。会場から人が溢れるぐらいの来場者希望。

-------------------------------
12月1日(水) 18:30~20:30
『東京都青少年健全育成条例の改悪に反対する集会』
場所: 文京シビックセンター5C会議室 03(3812)7111
主催: 出版労連
★一般参加できます。無料。

-------------------------------
12月3日(金) 13:00~
『「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例案」の問題点について』
場所:東京都庁記者クラブ(都庁第1庁舎6F)

主催:「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
(共同代表:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所))

<登壇者>
呉智英(評論家・日本マンガ学会会長)
竹宮惠子(漫画家、京都精華大学マンガ学部学部長)
山田健太(日本ペンクラブ 言論表現委員会・委員長)
山中 恒(児童文学者)
河合幹雄(桐蔭横浜大学法学部法律学科教授)
藤本由香里(明治大学教授准教授)
山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所) など
★記者会見なので、記者しか入れません。
【会見内容は ココで読めます。ぜひ】

-------------------------------
12月6日(月) 開場18:30 開演19:00~21:15終了
イベント名 :「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』へ、都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」
場所: 中野ZERO『小・ホール』 (JR/東西線 中野駅南口から徒歩8分)

★参加者:
河合幹雄(桐蔭横浜大学法学部教授・法社会学者)
呉智英(評論家・日本マンガ学会会長)
ダニエル兼光真(翻訳家)
西谷隆行(日本雑誌協会・編集倫理委員会委員)
保坂展人(前衆議院議員・ジャーナリスト)
水戸 泉/小林来夏(作家)
藤本由香里(明治大学教授准教授)
山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)

その他、登壇者鋭意交渉中!

主催:東京都青少年健全育成条例改正を考える会
★一般参加できます。無料。
【ニコニコ動画・生中継】 ココ

-------------------------------
12月7日(火) 20:00~22:30
『都条例について話し合うオフ』
場所:道楽亭 mobile
主催:マンガ論争(永山 薫, 昼間 たかし) 

-------------------------------
12月11日&12日 
『「非実在少女のるてちゃん」公演舞台』
11日 14:30~  19:00~
12日 13:00~  17:30~ ※(緊急決定)13:00の会は吉田都議が「吉田康一郎役」で出演
場所:シアターKASSAI(池袋駅東口徒歩5分)
全席自由 前売/2,000円 当日/2,500円 
チケット予約フォームはココ
主催:笑の内閣(政治のことを、演劇で楽しく、わかりやすく知ることができます)
※京都追加公演も決定しました。サイトを御覧下さい。

-------------------------------
12月12日 開場:13:50 開演:14:00
【ニコニコ動画・生中継】採決直前! 都青少年育成条例改正案・最後の主張 (番組ID:lv34395435)

出演予定者
有田芳生氏 (民主党 衆議院議員)
兼光ダニエル真氏 (翻訳家)
浅野克彦氏 (民主党 都議会議員)
長岡義幸氏 (フリーランス記者) 他
※ニコニコは、一般席からけり出されても、もう一度最初から入り直すと入れることがあるよ。
スポンサーサイト

都条例改定案が、公開!

石原都知事が『12月議会に提出』と9月に宣言した改定案が、本日昼に
ついに提出された。


★テキスト化 1~6Pまでですが ツイッター@lkj777氏の好意によるUP
http://bit.ly/cKc1kf p1
http://bit.ly/9dFauh p2
http://bit.ly/bumfSQ p3
http://bit.ly/a3Oi5L p4 ←近親愛、マンガ・アニメ この辺
http://bit.ly/aRma9Z p5
http://bit.ly/dwkYXu p6インターネットの前まで

★全文版キタ
https://docs.google.com/document/d/1pprDalw9Cg6bkM7vlmX90AxzcpmNVKaJhy2eij6wrBg/edit?hl=ja&authkey=CMrojNwI&pli=1#

※都庁の『総務委員会』という会議でのみ、この『青少年条例改定案』は話し合われます。
※この会議は12月議会(11月25日~クリスマス前)期間中、3回だけ。
※最悪の場合、12月に、この法案が通ってしまいます。

◆今回の規制は、18歳以下のキャラに限らず、成人の性交シーン、または擬似行為、にまで拡大されました!
 レディースコミック系、ヤングジャンプなどの青年誌、BL作品、全部アウト。

◆婚姻できない近親における性行為、自殺、暴力行為を賞賛することを禁止する。
 映画化にもなった『僕は妹に恋をする』は、タイトルを名指しされての、立派な規制対象作品です。
 でもあれを見て、真似する人間ってどんだけいるわけ?
------------------

≫改定案が明らかになったのを受けて、日本雑誌協会や日本ペンクラブではさっそく、本日22日に委員会を開いて協議を行っている。
http://tsukurukari.blog3.fc2.com/blog-entry-33.html


雑誌協会がすばやい対応に入ってくれたのは、ありがたいけれど、
前回よりも、さらに厳しい改正案になっています。
創作の自由についての精神は、完璧に無視されました。 


≫公務員は、業務内容ゆえに「一度決めたことはコンプリートできなければ無能」という強迫観念に近い思いこみを持っている人が多い。それはそれで、問題なのだが、だからといって、規制の強化を、おいそれと許すわけにはいかない。http://www.asyura2.com/10/senkyo99/msg/877.html


本当に児童のことを第一に考えている、と感じられることなら
私達だって、ここまで反対はしないんです。
役人の出世のために、創作物が規制を受けるなんて、絶対に絶対に許せない!!! 戦います!(´;ω;`) (´;ω;`)  


改正案は、条文から「非実在青少年」という文言を削除し、規制対象を強姦などの「刑罰法規にふれる性交」や近親相姦など「社会規範に反するもの」として、そのキャラクターの年齢は問わないことにした。 
http://news.nicovideo.jp/watch/nw8036

30歳と30歳のキャラでも、性行為の入った作品、近親愛、暴力を賞賛する作品、は全部アウトなんです。
ただし、来年、2011年7月以前の発行物は、条例違反に当たらない、とされています。
こう書いておかなければ、この条例を指示している本人の石原都知事が、過去に残虐性の高いレイプ小説も含まれてしまうからでは?
映画にもなり、当時のレイプ社会現象まで巻き起こした金字塔作品ですよ。

完全な遊戯 (新潮文庫) [文庫]  石原 慎太郎 (著)
【内容: 不良少年たちが、精神を病む女を弄び、海に突き落とすまでの無軌道ぶりを描く表題作。】
…汚い…あまりにも汚い。『完全な遊戯』を越える残虐非道で救いのないBLなんて、ないっていうのに!(´;ω;`)

------------------
★11/23 追記
現時点で優先的に反対意見を伝えるべき、総務委員会の各都議のアドレス
(FAXの利用は、ご迷惑になるので絶対に止めて下さい)。
http://mitb.bufsiz.jp/  (ツイッター@tokyoseishounen氏より転載しました)

★11/24 追記
都議会議員への請願・陳情は12月1日17時迄にお願いします!!
こちらを参考にして下さい。
http://kiseijoshi.blog52.fc2.com/  (ツイッター@kiseijoshi氏より転載しました)
プロフィール

ボーイ0

Author:ボーイ0
職業:小説家
http://twitter.com/LP_Tsu

QRコード
QR
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。