スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月 『児童ポルノ排除対策 公開シンポジウム』に行ってきました。

平成24年11月21日 東京国際フォーラム
15:30~18:00
主催 : 内閣府


------------------
◎主催者挨拶 
 杆淵 智行氏
(内閣府大臣官房審議官)


◎基調講演 
 カイ・レイニウス氏
(スウェーデン外務省国際法・人権・条約局課長代理)
※スウェーデンの方だけど、最後まで日本語を使用しておられた。
 1995年 在日スウェーデン大使館において、ECPAT代表者会議を主催。
 1997年からは、7度にわたり、東京にて「子供の商業的性的搾取に反対する国際会議」セミナーを開催。


◎参加パネリスト
 原 幸太郎氏
(警察庁生活安全局少年課 児童ポルノ対策官) 本年8月より現職。

 遊間 千秋氏
(千葉県警察・上席相談専門員) 臨床心理学・臨床心理士

 曽我 邦彦氏
(日本PTA全国協議会・元会長) NPO法人・日本国際童謡館(代表)

 別所 直哉氏
(YAHOO コンプライアンス・オフィサー兼・政策企画本部長)
------------------

◆カイ・レイニウス氏の発言まとめ

 日本は『ポルノ発信国』として注目されていても、1999年まで児童ポルノの法律がなかった。
 今後は世界的に、国際法の整備が大切。国境をまたいだ警察の協力が必要だろう。
 児童ポルノは、法的措置を置くべきだということが、リオの会議から言われている。

 日本では児童ポルノ法が進まない原因として『表現の自由』が問題になっている。
 日本では、単純所持については、個人のプライバシーが問題視されているが、
 どこの国でも、子供の保護が優先されるべきだ。
 
 EUでは、個人の『児童ポルノ単純所持による罰則』は、86カ国のうち、77カ国が実施している。
 先進国では、日本だけが禁止していない。この点で、日本は大変目立っている。
 日本の周囲の国……台湾・インドネシア・タイ・バンコク・中国・韓国は、加盟した。
 日本の政府は、もっと支援してほしい。
 女性の人権についても、一段と強化すべきである。



◆原 幸太郎氏の発言まとめ

 今年の報告として、児童ポルノの犯罪は、昨年にくらべて56パーセント減少している。
 これについては、ブロッキングの効果が出ているのだと感じている。
 本年、9月3日と4日に、P2Pの検挙をして、70人中、16人を現在取り調べ中。
 しかし、今はまだ、国外のサーバーを使用している業者についての各国の協力が、うまくいっておらず、
 海外サイトの犯罪者は逮捕できていない現状。
 国外犯の検挙は、過去の犯罪も調べて、少しずつ前進してはいる。


◆遊間 千秋氏の発言まとめ

 思春期の子供は、自分が『性的な被害を受けた』と認めることで、それが自身の負担になってしまうから
 認めたがらないことが多い。
 子供が大人を『自分から誘う』ことも、大変多くなっている。
 例として挙げるが、保護施設の職員に「私に何をしてもいいのよ」と言って、誘う子供までいる。
 彼らは、そうすることで『自分を受け入れてもらえる』と勘違いしている。
 子供は、自分が汚れた、と認めると、自分を破壊する行為に出ることが多い。
 親や職員や周囲は「時間が解決するわ」という言い方で、傷ついた子供に接してはいけない。
 子供の内に秘めさせずに、どんどん吐き出してもらって、忘れさせてあげることが必要だ。


◆曽我 邦彦氏の発言まとめ

 親は、健全な精神の子供を、育てていかなくてはならないと思っている。親にも「抑制」が必要。
 可愛いからといって、赤ちゃん・幼児の全裸などをブログに載せると、それが後々、愛好家に所持されて
 インターネットで流出することが増えているので、親には、軽はずみな行為はしないで欲しい。
 今後は、子供の将来のために、そういった「単純所持」も問題として取り組まなければならない。

 親は、PTAに参加して欲しい。問題が起きてから、学校やPTAに最後に駆け掛け込んでくる。
 そういった親は、学校に子供の教育を、まかせっきりだからいけない。
 もっとPTAに、親が参加して、家庭の中で問題は解決していくべき。
 社会のルールは、家庭の中で教える努力をして欲しい。
 どれだけ生活が貧しくても、プライバシーを売らないで、幸せを目指していくことを子供に教えてくれと
 自分は、いつも訴えている。そういう姿勢を、親が子供に、模範として示して欲しい。
 
 子供と一緒に、親も、インターネットの便利さと同時に、怖さを覚えるべき。
 インターネットを使わないで、この先、生きていけない。インターネットを、かしこく使うことを
 学校教育で、子供達に身につけさせて欲しい。


◆別所 直哉氏の発言まとめ

 yahooでは、2008年から日本ユニセフの「なくそう、子供ポルノキャンペーン」に賛同。
 子供達には、インターネットを『解決のツール」にしてもらいたいと思っている。
 「日本ユニセフ」や「インターネットコンテンツセーフティ協会(←2011年にyahooが設立)」と
 連携して、青少年が、安心して利用できる環境作りを目指している。

 悪質な大人に、子供を搾取されないことが必要。そういう大人は、検挙されるように協力窓口もある。
 個人的には、赤ちゃんのおむつのCMで、裸がテレビに流れるのも遺憾に感じている。

 Yahoo ではコミックにおける対策として、
「有害図書」や「暴力的・性的なもの」は立ち読みを禁止している。
 ネットオークション対策としては、
「児童ポルノ作品」を出品禁止にして、重点的にパトロールしている。
 自分は、単純所持が何年たっても国会を通過しない日本は、おかしいと感じている。
 国会に問題定義が上がりながら、なぜなのか。律法が果たす役割は大きいと感じている。
 来月半ばには私達には 『意思行事をする機会』 があるので、一人一人の方がそこを考えていただきたい。


 「イクサ-ICSA-(インターネットコンテンツセーフティ協会)が、ブロッキング実施を行うことによって、
 別のものを禁止されるのではないかとか、表現の自由に関わるのではないかと懸念する方々がいらっしゃるが、
 これについても、誤解されないようにと考えております。

 もっとも重要なことは、子供には「実は大人には、悪い大人もいるのだ」と教えることだと思う。
「安心・安全」なものというのは、大変少ないので、それを大人自身が自覚しないと、子供に伝わらない。
 まずは、大人がその現実を自覚することが大切。


------------------------------------------
ここから下は、ブログ主の感想です。

ラストは自由討議…と司会は言いましたが、司会が質問を用意していて、パネリストに答えさせるだけで、
客席からの質問を募集することはありませんでした。
時間もオーバーしていたので、仕方なかったのですが、スウェーデンの最高裁判所では、
カイ・レイニウス氏の発言とは、まったく逆の『表現の自由について』の判決が出た事例がありました。
これについて、彼はどう思っているのでしょうね。質問したかったです。


児童ポルノ犯罪は、貧困による思考から、子供自身や、親が犯罪に走ってしまうことが大変多いので、
規則ばかり作るよりもっと考えることはあると思います。
日本は、諸外国に比べて、犯罪者が少ない、大変めずらしい国であり、
どんなに規則を厳しくしても、犯罪件数が下がらない国は、日本とはもともと違うのだということを
私達は、忘れてはいけないと思います。

昨日、韓国では悪法ができてしまい、韓国の作家が戦々恐々としているそうな。
私もRTと、お気に入りしたので、よかったら、記事を遡ってみてください。
https://mobile.twitter.com/LP_Tsu
これとか↓
>> 御村りょう @ryouh2so4
なんか昨日、韓国で新しい児ポル法が頒布されたんですって、性別問わず、
子供と子供の教育機関に関する性的表現を一切禁止、青少年を思わせる表現も禁止、
たとえば制服を着たプレイとか、逮捕されると懲役三年、
二万ドルの罰金+十年以内は子供に関する仕事は一切できなくなるんですって



以上です。
スポンサーサイト

反省。母親という立場からの視点が、いかに重要か。

昨日は、4/1限定のエイプリルフールネタが、ネットのあちこちであって
楽しく笑わせてもらいました。ネット大好き。

さて。4/1に、都議の あさの克彦議員が、ご自身のブログで
「青少年健全育成条例改正案」についての意見を募集しています。

◎あさの克彦議員ブログ
 http://asano-k.net/pc/modules/weblogD3/index.php?cat_id=2

※ご意見メールは、上記サイトを読んでから ページ右上の「お問い合わせ」より。
※上記より引用

>この改正案の問題点だけを
>あげつらっていても、何も解決しません。
>よしんば今回、否決したとしても、いずれ世論の大きな波の前に
>為す術もなく、屈していくことになるでしょう。

>どうか、私の考えに対する異論でも反論でも
>全く違う観点からの指摘でもかまいません
>たくさんのご意見をお待ちしております。

-----------------(以上、引用終わり)


あさの議員の言われているように、『改正案がおかしい』とか『表現の自由』ばかりを
問題視していても、ラチがあかないので、
このさい、視点を変えてみようと思い、ネットをさまよっていたら、
主婦の方の、大変貴重なご意見を発見しました。※この日記の最後にリンクあります。

目からウロコとは、このこと
明察です。このブログ主さん、凄い。
視点を変えると、こういうことが見えてくる。この出会いが、純粋に嬉しいです。


ホント、あさの議員も言ってたし、共産党の古館議員も言ってたけど
たくさんの人間からの意見を聞くべきですよ。
特に、子供の成長の責任を押し付けられる母親からのご意見は
とてもとても、貴重だと私は思いました。


子供が事件を起こすと、世間は親を叩きます。
『麻原・オウム事件』のときも、まさか自分の子供がそんな・・・と、両親は青ざめ、
特に母親達は、自分の教育や子供とのかかわり方が間違っていたのではないか、
私がいけなかったのではないか、
と苦しい思いをなさったはずです。

麻原・オウム事件に限らず、殺人事件を起こした子供が捕まると
ご近所や、昨日まで仲の良かった会社の人間までもが、必ず親を非難する。
母親の心痛・心労は極限まで達しますよね。
子供を持つ、全ての親にとって、明日は我が身かもしれませんよね。


この
「東京都青少年健全育成条例・改正案」も、まさにそこが根底にあるんです。
子供をまもるため、という気持ちが、形になってしまったのが『改正案』なのです。
作家・出版社とは、
意見をぶつけているフィールドが最初から違うんです。

だから私は、改正案を廃案にするために、視点を変えてみようと思う。
今後は、子供の責任を押し付けられる母親、の味方になっていきたい。

母親の味方であると同時に、
子供の育成には『政府に押し付けられない、表現の自由を守るべき』という立場を
とっていこうと思います。

反対派、賛成派に関係なく、ぜひ読んで欲しいブログはこちら。
◎ポンコツ家族の取り扱いマニュアル
http://ponkotsukazoku.blog45.fc2.com/?mode=m&no=311

---------
あさの克彦議員以外の都議メンバー、大阪府、京都府、東京都庁
その他、各所にこの意見をメールしました。
一度メール済みの方も、何度でも自分の意見を送るべきです。私も、何度もメールします。

3月18日・東京都総務委員会の傍聴してきた(1)

…変なとこさわったらしく、一瞬で打った文が全部消えた…もう朝じゃん(灰)

本日の総務部会は傍聴席が20席だったのですが、会議の2時間前到着。
まさか取れるはずないよと思った傍聴券は「9」がとれちゃった!!
券

警備員さんがとてもいい人達で「この委員会は人気があるから、たぶん席は40に増えるね」
と教えてくれたとおり、傍聴席は室内の左右の壁に椅子がズラリと置かれました。
会議室の中は、撮影の申請をした人間しか撮影できません。
衆・参議院とは違い、2時間ブッ続けで話し合いしていようが、
『飲み物』は議員の机にありません。一般も飲食しながらの傍聴は禁止です。

------------
◆13:00~(13:00~15:25/(15分休憩)/15:40~18:30(30分休憩)/←私はここで離脱
◆場所:第一委員会室

会議室の雰囲気
http://asano-k.net/pc/modules/myalbum/photo.php?lid=83
http://asano-k.net/pc/modules/myalbum/photo.php?lid=90

一度目の15分休憩が終わり、15:40分以降に共産党『古館理事』、民主党の『浅野委員』が
都の『浅川英夫都青少年・治安対策本部参事』と、やりとりしていた部分に絞って書き起こししました。
途中の緑文字は、私のツッコミです(^-^)

------------
◇15:40~ 共産党・古館理事(以下:共産党)

共産党:第30号議案、東京都青少年の健全な育成に関する条例の改正に関して伺います。
子供を性的対象とする児童ポルノは、子供に対する最悪の虐待行為であり、その非人間的な行為を
日本共産党は絶対に容認しません。
また、児童ポルノが青少年の性的自己決定能力の形成に否定的な影響を及ぼすことに対し、充分な注意を
はらわなければならないと考えております。
それらの件で、一人の被害者も出さない、こういう世界を作り出すことは、大人世界の重大な責任であります。
わが党は、子供の人格を護る立場から、児童ポルノの根絶を目指します。また、インターネットや
ケータイ電話の普及が子供の成長にもたらす積極面を生かしつつ、その利用によって子供が被害を受けることの
ないようにするために力を尽くしてまいります。
そのための胎動は、国民的・都民的合意の形成と、世論による好意、民間の自主的な努力であります。
同時に国民都民の内心の自由、表現の自由を侵害しないことを前提として、国や都が支援を行うことは重要であり、
法令により、一定の規制を行うことも重要だと思います。

今回の改正案では『児童ポルノの根絶』および『青少年性的視覚業者物の万延に向けた機運の醸成』
『環境の整備に関する条項』を、新たに提案することを設けた内容が示されております。
そこで、うかがいます。
本案における児童ポルノとは、どのようなものを指しているのですか?

議長:「浅川参事」 ←毎回こうしていちいち呼ばれてから、自分の席を立って机の前に行く

浅川参事(以下:A)
条例改正案の法の定義では、次の各項のいずれかが視覚的に認識されるもの、といたします。
児童を相手とする、または児童による性交にかかる児童の肢体による「性交類似行為」です。
性交類似行為について、ご説明します。
『手淫』『口淫』『肛門性交』『獣姦』『鶏姦』をさします。たんなる裸、キスなどは、これに当たりません。

他人が児童の性器に触る、または児童が他人の性器にさわること、性欲を興奮させ、または刺激すること。
衣服をつけない、または一部のみで、性欲を興奮させ、または刺激すること。

共産党:国会では、マンガやアニメをこの改正を加えるかどうかの体制は、どうなっているのですか?

A:自民・公明の改正案では、マンガやアニメを『児童ポルノ』に加えることは見送っている
かつての民主党案では、この議題に、触れられてさえおりません。

共産党:それはやはり、この問題が『表現の自由』との関係で、きわめて慎重でなければならないからです。
今回の都の改正案は、非実在青少年、すなわち18歳未満の性的なマンガ・アニメの人物の
「絵の描かれ方」「ストーリー」「性的描写」など、創作物の内容によっては「表示図書」だとか東京都によって
「不健全図書にしよう」と、都に決定権があるということになっております。
当然、表現の自由が奪われるのではないかと、多くの方が不安を感じております。
都がそうやって決めてしまう、根拠をご説明ください。

A:年齢、服装、背景、音声、など客観的に18歳未満であることを指します。
話し方、ランドセルなどの持ち物、教室風景、その他子供の周囲にあるものなどを参考に判断します。
性的興奮を誇張するものに関してだけであり、たんなる子供の裸の載ったマンガやアニメを規制するものではない。
学術的見地(美術品)、犯罪捜査等の目的で、描く作品はこれに当たらない。

共産党:ほとんどのマンガ・アニメ作品は、論理では表現しきれないような人間の感情に訴えたり、
なにがしかの感動を呼び起こすもので、それ自体を目的として創作されています。
どのように読者が感じ取るか、性的興奮があるかないかなどが、恣意的に判断されることは大きな問題です。
お聞きしますが、あきらかに子供として描かれているキャラクターが、作中で「18歳」と書かれていれば、
それは『非実在青少年に当たらない』と解釈して、よろしいのでしょうか。

A:そのような理解で、よろしいと思います。 ←エエ!?? いいの?? 条例の意味ないんじゃ・・・あとで民主党にもツッこまれてた

共産党:今回の条例は『第28期 東京都青少年問題協議会』で話し合われたことを元にされています。
この会議では、マンガ・アニメが青少年の性的判断能力を阻害する、ということが言われておりますが、
★参考PDF http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_28ki_menu.html
(問題になっているのは、「第7回専門部会」「第8回専門部会」のあたり) 
論証がどこにもなされていないのですね。こういう大事なことを、論証もなく言うことは、いかがなものか。

A:平成19年に内閣府が世間に行った有害調査では、『実在しない子供(マンガ・アニメのこと)の性行為など
を「有害とすべきか」』に対して『有害だ』と85%の回答を得ている。
また、21年にはコンピューターソフトの中で幼女の陵辱系商品は、会社の自主的な回収で販売を中止した。
学問的な見地というのを調べるまでもなく、多くの国民、また都民が、青少年の性的判断能力については
不安に感じている。なので、『第28期東京都青少年問題協議会』がもたれた。 ←ここらへん、はしょってマス

共産党:青少年が心身ともに健やかに育つのは、誰もが願っている。何よりも、教育的な観点が必要だ。
私たち大人が、どのようなことをすれば、青少年は自主的な人格形成にプラスとなるのか、それを考えたい。
マンガ、アニメにおける性的描写が、それを見た青少年の、性に関する判断能力の形成を著しく阻害する
という学問的知見を、お聞かせください。 (マンガ・アニメのせいで性の判断能力がなくなるという証拠は?)

A:学問的知見については、見出せておりません。 そりゃそーだろ・・・

共産党:私共もその意見に一致しているから、今質問したのですよ。
しかし『第28期 東京都青少年問題協議会』では『青少年の判断能力形成を阻害するから』と、断定されている。
また『多くの都民の合意は絶対に得られる』と、この会議の中では自信を持って話されている。
しかし、それでいいのか? ということを問題にしなきゃならない。
歴史を振り返っても、芸術作品の中には、最初は社会の多数派に非難されても、後に人生の財産になった作品や行いが、
数え切れません。
ですから、人間の創作物、表現行為の規制に関することにはきわめて慎重でなければならない。
しかも今議論しているのは、青少年の心と体に関わることですから、科学的、学問的な英知を結集して、
全都民的な議論によって進められなければならない。
国も、この法案は見送り、そのときに「調査・研究がいっそう必要だから」と言っているんです。
国の研究結果はまだ出ていないのです。
日本図書協会も、『1997年以来、政府は調査を続けていますが、有害図書に接することが
青少年の逸脱行為の原因になるという、因果関係の科学的な証明はない』と指摘して反対いたしました。
結局、この法案は国民の幅広い反対によって、成立しませんでした。
また、単純所持については、国は処罰の対象にしていない。
しかし、『第28期 東京都青少年問題協議会』では、処罰化の早急な可決を求めている。

A:21年7月に衆議院が解散したので、国会ではこの話し合いは消えた。22年1月に、自民・公明が
改めて、単純所持についての規制を国会に提出している。民主党反対している。

共産党:私共は単純所持を、法律で一律に禁じることには反対です。児童ポルノの流出はそんなことをしても止まらない。
欧米各国ではなんの解決にもなっていないことが明白だからです。主要8ケ国で児童ポルノを禁止していないのは
日本とロシアだけといわれているが、ネットで流出している児童ポルノ画像や児童虐待の写真などは、
単純所持を禁止している欧米諸国からのものが圧倒的に多いんです。
イタリアに本家を置く保護団体の2007年調査で『児童ポルノサイトを抱える国別順位』では、日本は7位の457件。
1位~3位の「ドイツ、オランダ、アメリカ」は、いずれも単純所持を禁止している国です。
この3ケ国だけで、世界中の85%に当たる33,303件を占めている。
つまり、単純所持を禁止しても、児童ポルノ流出の歯止めにはならないという証明です。
また、個人の所持をどうやって判別、処罰するのか。憶測だとか疑惑の段階から取り締まるしかなくなり、危険。

今回の条例は、都民の自発的な協力を得るには難しく、
今定例会で拙速に結論を出すことは反対であります。
学問的知見を含み、都民の英知を結集し、都民の暴威を救い、力を合わせて取り組むことを定義して、
わたくしの質問を終わります。


共産党は、声もはっきりしてて、ゆっくり話してくれて助かった。てゆか、演説さすがうまいわ。

本日の都議会議事堂

凄いですねー。ニコ動で生中継してたのか!! GJ!
私も行ってきました。
昨日のJ.GARDENにて、当方が独自に読者さんに書いてもらった「アンケート用紙」
はコピーをとって、昨夜、直筆のほうを山口弁護士に渡してきましたよ。
あんけーと用紙

14日 夜   J.Gの後、山口弁護士にアポとってアンケート用紙を渡しました。
 
15日 午前 アンケートのコピーを見ながら、ランダムに意見を抜粋してデータ打ち込み。
        A4用紙/3枚にまとめ、
        OKIさんの昨日のチラシと共に、東京都の議員に渡す「陳情書(ちんじょうしょ)」作成。
        (封筒に、自分の名刺つけて提出するの)

15日 午後 都議会議事堂・会議室の場所を確認してから
         一度現場を離れ、1時間後に戻ってきたら、人だかりができていました。

(12時05分)…無人なのに全灯デス。証拠写真w
会議室 12時5分
(13時30分)
会議室 13時30分

里中満智子先生は、大変、力強いお話しをなさったあと、ご用事があるということで退席していかれました。
以下の青文字は、里中先生の話された、ほんのさわりです。
…私は特に里中先生の言葉に、感動してしまったので、皆さんにも見てほしい。

『かつて有害図書問題とかありました。そういうものは、15年20年の周期で起こってくるんですね。
 マンガだから、わかりやすいからか、何かにつけて叩かれ続けてきました。
 叩かれたからと言って、めげることなく、個々の作者は覚悟を持って描いております。
 
 今回は「非実在青少年(ひ じつざい せいしょうねん)」、つまり、この世に実在しない幼女達、少女達の画像までもが
「被害者扱い」されてしまっているということに、ある種の「おかしさ」を感じずにはいられません。

 (中略)
 かつて、わが国において、表現、出版、集会、政治心理への自由というものが、はなはだしく阻害された
 時期がありました。その頃、何が起きたのかというと、ある一部の特定の人が認めた、
 【これが正義である】というものだけが、世の中に広まったのです。色々な考え方を、知らしめることが
 できずに、世の中が動いてしまったわけです。
 何を大げさな、といわれるかもしれませんが、実は表現規制こそが、社会の弱さ、もろさにつながる
 危険性を持っていることに繋がっております。そこを考えた上で、じゃあ何を規制するのか、ということを、
 もっと真剣に、深刻に、慎重に考えていただきたい。その、きっかけになるために、本日の集会は
 していきたいと思います。…こういうことを言うのは、私の自由です。ただし、私の覚悟です。
 表現者というものは、すべてそういう覚悟を持って表現しているわけです。あれこれ規制がなくても、
 ここまではいいか、ここまで描きたい、ここまでは訴えたいというのは、一人一人が
 覚悟して描いております。それを選びとるのは、読者達だけでいいと、私は思っております。

 (ipod録音したので、全文リライトしたいところですが…またいつか/泣)

コミティアの中村さんがいらしてました。
中村さん1
イベントの会場を貸してくれる行政の課の担当者は、三年ぐらいで部署が変わってしまい、
後任者に引き継ぎをしないから、新しい担当者はそのときの『法案』しか見ない、と
今回のことを、大変に案じていらっしゃいました。


…ダメだ…眠い。いったんここまで上げます。

------------

★3/16追記
3/14に、J.GARDENにて配布されたチラシを、閲覧できるサイトが新たに設立。
当方からは、文章をはずさせてもらいました。
下記ご参照ください。リンクから飛べます。

バナーを作りました

バナーを作ってみました。よろしければ、ご利用ください。
(直リンクはせずに、画像を保存してご自身のサイトにアップしてご利用下さい)


lp-m2.gif

lp-s2.gif

lp-s.gif



今後とも、この件について、テレビではニュースにならないことを
ここで、お知らせしていけるといいなと思っています。

★追記: 
3月14日に、J.GARDENで配布されたチラシが、下記で閲覧できます。
この問題を、今始めて知った方は、ぜひご覧ください。
そして、知り合いにも今からでもいいので広めてください。

◎モバイル用
http://hijitsuzai.blog129.fc2.com/

◎PC用
http://ow.ly/1l2eH
プロフィール

ボーイ0

Author:ボーイ0
職業:小説家
http://twitter.com/LP_Tsu

QRコード
QR
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。